砂利を敷き詰めて空き巣対策をしよう|目には目を歯には歯を

レディ

効果抜群です

庭

家の周辺や庭に敷き詰める防犯用の砂利には、丸石や砕石、セラミック素材の人工石などがあります。いずれも人が通ると、大きな音を発します。防犯用の砂利は、ホームセンターやセキュリティ会社、ネット通販で購入する事が出来ます。セキュリティ会社の場合、砂利を敷き詰めるサービスをオプションとして用意してあります。

庭から考えたい防犯

エクステリア

安全性を高められる

防犯システムを一から家に取り入れようと考えた場合、お金と時間がかかります。お得な形で安全性を高めたい場合、防犯用に作られた砂利を敷きましょう。泥棒は玄関だけでなく窓から民家に侵入します。その際に気にするのが「音」です。音が鳴れば住人だけでなく近隣住人から自分の姿を見られてしまうため、静かに侵入できる住まいをターゲットにするのです。セキュリティを考えて作られた砂利は踏みしめた際に一般的な砂利よりも大きな音が出ます。警戒心の高い泥棒はこうした住まいへの侵入を避けるのです。砂利は室内から室外まで幅広い場所に敷き詰められますので、安全を高めたいポイントに使いましょう。また色も白や黒など種類がありますから、庭の景観を損なわずに砂利を設置できます。家のデザインにあった砂利を選べます。住人が眠っている深夜の安全性を高めたい時は、できるだけ明るい色の砂利を選択すると良いでしょう。その上に人が歩くと遠くからも分かりやすいため、泥棒にとって入り辛い効果が生まれます。庭に防犯用の砂利を敷く前に、まずは雑草を抜きます。地をならしておくことで水はけが良くなりますので、庭全体の美観を保ちやすくなります。また草が生い茂っている上に砂利を撒いても音が吸収されてしまいますから効果が下がります。後々雑草が生えないようにしたい場合、土をならした後に防草シートを敷きましょう。こうした作業を行っておくだけで、庭のお手入れにかかる手間も減るのです。

見た目も良く防犯にも

砂利

景観が良くなるだけではなく防犯にも使える砂利の一つが玉砂利です。玉砂利を選ぶ際には家の雰囲気に合わせることで、違和感を感じにくくなって防犯効果を高めることが出来ます。また、玉砂利を敷く際にはしっかりと除草を行い防草シートを敷くことが大切です。

庭に行う防犯対策

玉砂利

防犯用の砂利を使う場合は、夏場に草が生えて困るときにはシートをかけてから砂利を敷き詰めるとより多くのメリットが生じます。防犯砂利は電気を使わず、長期的に建物の防犯対策を行えるので評判の良い防犯用品となっています。