砂利を敷き詰めて空き巣対策をしよう|目には目を歯には歯を

男性

庭に行う防犯対策

玉砂利

侵入者の音を出す

庭に入ってくる侵入者に素早く気づけるようにするには、防犯用の砂利を敷き詰めておくのがおすすめです。この防犯砂利はカメラなどの機械類と異なり、一度敷き詰めることによってずっと防犯効果を発揮します。長期的な防犯対策を行うことができるので、侵入者対策の一環として行いましょう。この防犯砂利の選び方としては、敷き詰める庭の管理運用によって異なります。土がそのまま露出している場合には、砂利を敷く前にシートなどをかぶせておくと効果的です。これを行うことによって砂利の間から雑草が生えてくるのを防ぐことが出来ます。庭の雑草対策としての効果も期待できるので、夏場の草むしりなどで苦労している場合は検討してみるといいでしょう。こういった観点でも砂利は評判の良い防犯グッズといえます。また、見栄えも良くすることが出来るのでそういった意味でも砂利を敷き詰める住宅や建物は多くあるのです。いままで防犯対策としてカメラやセンサー類などばかりに気を取られていたのであれば、こうした電気を使わない古典的な手段も試してみるといいでしょう。侵入者から見るとこういった音が出てしまう住宅というのは敬遠しがちであり、砂利が見えるだけで侵入を諦めることもあります。泥棒にとっては出来るだけ難易度の低い住宅や建物の方がいいので、こうやって侵入が難しい状態を維持することが大切なことです。犯罪を未然に防ぐためにも、砂利を建物の防犯対策に組み込んでいきましょう。